#ちょっと元気になったので、リハビリがてらに記事を書きます
ずいぶん前の話になるけど、AWS大規模障害がありました。






別にAWSをdisるつもりはない

AWSが悪いんだけど、AWSをdisるつもりは全くありません。
むしろ、AWSしか頼っていない日本のITをdisります。

障害の内容は

こちらを参照していただきたいと思います。

んで、思ったこと。

絶対に落ちないシステムはない

ネットワークでもそうですが、絶対に落ちないシステムはありません。
なので、もし落ちたときのための対策を立てないといけません。
それが、あまりにもなさ過ぎて、本当に日本のIT、大丈夫か?と思うときがあります。

なんていうか、日本人は、一つのことに集中しすぎる傾向がある

AWSが落ちて、仕事にならなかったり、サービスが提供できなかったりしたみたいです。
本当に、落としたくなかったら、分散させるのが普通では?と思ってしまうのですが、なんていうか、日本人は、一つのところにしか集中できない傾向があり、サービスも同じ会社のサービスを使用するとか、分散化させない傾向にあります。
また、人と同じものを選ぶ傾向があります。
#特に、iPhoneとか

特に落ちてはいけない決済系は、普通はサービスを分散させるでしょ?

ゲーム系やEC系は、落ちても問題ないかと思いますが(機会損失という部分においては問題だけど)、決済系は、使用している店舗やユーザーに迷惑がかかるので、分散させるのが常識かと思います。

先ほどのリンクに

決済系
PayPay
ファミペイ
BillingSystem(PayB)

今度、このようなことがあったら、また落ちるので信用が下がります。

唯一の救いは、銀行や大手クレジット決済機関がなかったことか

唯一の救いは、銀行等や大手クレジット決済期間がなかったことでしょうか。
そういえば、クレジット決済は、最近トラブルがあったような…

2019年の2月にありました。

暗号資産系?これはええねん

暗号資産系も少なからずトラブルがありますが、暗号資産を取引所に入れっぱなしになっていること自体がリスクなので、私的には、問題ないと思います。

暗号資産を取引所に預けっぱなしになっていることが問題です。
自分で管理できる外部のウォレットに保管しておきましょう。

ベンダーの分散化も視野に

ある特定のサービスに集中してしまいがちですが、そのベンダー事態に何かしらあった場合、一発で止まってしまいます。
なので、本当に止めたくなかったら、ベンダーの分散化も考えたほうがいいかと思います。

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門
みやた ひろし
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 46,447

Please Donate To Bitcoin Address: [[address]]

Donation of [[value]] BTC Received. Thank You.
[[error]]

読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、自作仮想通貨(トークン)
KWDCOIN(カワダコイン)をお渡ししています。
詳しくは、こちら。

ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m