先日、不動産投資関連で電話があった。
その時思ったこと。






見知らぬ人からの電話

さて、とある日、見知らぬ電話番号から家の電話に電話がかかってきた。
そして、その電話担当者は、こんな感じの会話をした。

お住まい地域の(県市名)で、不動産投資の物件がありまして、そのご紹介で、電話いたしました。

ん?プロバイダーの勧誘はよくあるが、不動産投資の勧誘は初めてでした。
そこで私は、こう質問した。

この電話番号は、どこから入手しましたか?

そしたら、その担当者は

データストックという会社からの名簿で、おかけいたしました。

データストック?
あとで調べるとして、丁重にお断りしました。

データストックという会社

名簿業者データストック

どうやら、個人情報を売買している会社らしい。
そこのデータリストを見ると、不動産投資家というカテゴリーがあるので、そのカテゴリーから、持ってきたのかと思われる。

不動産投資家?

私自身は、不動産投資に興味はないし、なぜ、そのカテゴリーに入っているか全然わからない。
しいて言うならば、投資家データとして、載っているかもしれないが、それでも、今までそういう電話はかかってこなかった。

その電話の相手は、私の住んでいる地域名を知っていた

電話の相手は、私が住んでいる県市名を言ってたので、おそらく、電話番号と住んでいる場所(県市名)は、漏れていると考えられる。
もっとも、地域に関しては、電話番号である程度判別できるので、何とも言えないが、今まで、その手の電話にかかってきたことがなかったので、どこからか、情報がデータストックに渡されて、電話してきたと考えられる。

んで、電話元を調べてみた

着信電話番号を調べたら、某不動産販売業者でした。
でも、おかしいのは、そのWebサイト、東京都の物件しか扱っていないのに、なぜ、私の地域での営業を行ったのだろうか?
もしかしたら、その不動産販売業者の名前がフェイクという可能性もある。

そもそも、なぜ、今頃になって、不動産投資の電話がかかってきたのか?

そもそも、投資家カテゴリーに入っているなら、とっくの昔に、それ関連の電話がかかってきてるはずである。
それが今になって、かかってきたということは、最近になって、私の個人情報が漏れたということになる。
最近、家の電話番号を登録したと言ったら、自社で、会社名簿をクラウド管理している際に入力したデータだ。
もともと、会社の名簿をクラウド化するのは、私自身は反対だが、上の命令なので、逆らえない…
よって、しぶしぶ登録した。

もっとも、通販会社、銀行、証券会社とかは、家の電話番号を登録しているので、そこから漏れている可能性も否定できないが、あまりにも、タイミングが良すぎる。

ということで

個人情報の扱いをこれまで以上に自分で守らないといけない時代になってきている。
これを読んでいる方々も、個人情報の入力に、細心の注意を払いましょう。


ハッカーの学校 個人情報調査の教科書
IPUSIRON
データハウス (2018-04-11)
売り上げランキング: 108,681


読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、自作仮想通貨(トークン)
KWDCOIN(カワダコイン)をお渡ししています。
詳しくは、こちら。

ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m