Bluetoothki-bo-do

今現在、活躍している、キーボードとマウスを紹介したいと思います。





それにしてもいっぱいあるな…

それにしても、よくこんなに買ったな…

まぁ〜プライベートのかばんに入っているキーボードと会社のかばんに入っているキーボードと、家で使っているキーボードに分けて使用しています。

一番上からご紹介

一番上は、elecom製の「TK-FBP013」という機種。

今は、生産中止されていて、「TK-FBP102」が後継(?)になっているんだけど、なんか、違う…



初めて買った、Bluetoothキーボード。

最初、Bluetoothキーボードほしいなぁ〜でも、どれも高いなぁ〜でも、これなら、あんまり高くないなぁ〜 という理由で買いました。

買った場所が家電量販店だったので、ちょっと調べたら、Amazonのほうが安かった…という、思い入れのある(?)キーボードです。

メリットとしましては

  1. 9台まで端末が登録できる
    無駄に、多いが、実家のPS4の登録とか、役に立つ。
  2. 電池で動く
    電池であれば、わざわざ充電しないで済みます。 もちろん、蓄電池でも動作します。
  3. 思いのほか打ちやすい
    まぁ〜後の2つに比べると、小さいので、仕方ないといえば仕方ないですが、省スペースながら、打ちやすい設計になっています。
  4. 何より小さい
    小さいので、プライベート用のかばんに入ります。
    なので、いつも、持ち歩いています。

もちろん、デメリットもあります

  1. JIS配列ということ
    初期のアンドロイドやFireタブレットは、JIS配列に対応していなくて、ベット別のソフトウェアをインストールする必要がありました。
    #今は、JIS配列でも、対応できるようにバージョンアップされています(私が持っているAndroid端末の場合)
  2. どれがどの番号で、登録されているか覚えておく必要がある
    先ほど、9台登録できると書きましたが、その9台を覚えておく必要があります。
    いざというとき、どこに登録したか、わからなくなってしまい、混乱します。

ということで、JIS配列以外は、特にデメリットはありません。
US配列ユーザーには、ちょっと、厳しいところがあるかもしれませんが、日本人の9割以上がJIS配列で使用している(はず)なので、別に、どーでもいいですね。



んで、次の白いキーボード。

お次は、ANKER製の「A7726」というキーボード。



買った動機は、安いから!

会社に持っていくように1台欲しいなぁ〜と思っていた矢先、アマゾンからのメールで知りました。

たったそれだけです。

メリットとしましては

  1. 安い
    安い! これにつきます。
  2. 電池で動く
    いざとなったら、コンビニでも売っている電池で動作します。
  3. US配列
    これで、ほとんどの端末に正常に接続できます。
  4. 打ちやすい
    実は、入院したときに、初めて使用したのですが、非常に打ちやすかったです。
    おかげで会社とのメールが捗りましたorz

デメリットもあります

  1. 1台しか登録できない
    基本、1台しか登録できません。
    ただ、ペアリングが楽なので、あまり気にしていません。
  2. チャタリングが起きることがある
    これは、おま環の可能性が高いですが、チャタリング(同じキーが何回も押されてしまう現象)がたまに起きました。
    これは、私が持っているBluetoothキーボードでも、たまにあることなので、あまり気にしていません。

ということで、薄くて、軽く、しかも安いBluetoothキーボードをお探しであればぜひ。




一番下のどでかいキーボード

最後に紹介するBluetoothキーボードは、Logicool製の「K480」です。





これは、ビックカメラのLogicoolセールの時に買いました。

このキーボードが来て驚いたのは、でかい、押しやすい、重い、でした。

メリットとしましては

  1. スマホを立てるところがある
    上の写真ではわかりずらいので、過去にエントリーしたFireHD10を取り付けた写真を張っておきますね。
    FireHD 10-02
    つまり、スマホ&タブレットを立てるところがあるので、わざわざ、立てるための台(?)を持っていなくてもいいんです。
  2. JIS配列とUS配列のハイブリット
    なんと、このキーボード、JIS配列でもUS配列にも対応できます。
    これは、正直驚いた。
    さすが、Logicool。
  3. 電池で動く
    (以下略)
  4. 打ちやすい
    打ちやすいです。
    しかも、JIS配列だろうとUS配列だろうとOKなので、汎用性があります。

デメリットとしましては

  1. 重い
    重いです。
    これを持ち運ぶのは、ノートPCを持ち運ぶくらい重いです。
  2. でかい
    でかいです。
    それによって、タイピングがやりやすいです。
  3. 3台までしか登録できない
    3台までしか登録できません。
    でも、家で使用する分だったら、別にこれくらいでいいでしょう。
  4. スマホ&タブレットにカバーをつけると立てかけられない場合がある
    これは盲点でした。
    カバーをつけると、必然的に厚くなるので、溝に立てかけられない時もあります。
    その時は、仕方ないので、カバーを外すか、台を使って使用します。

ということで、安定性を重視するなら、お勧めです。




おまけ、マウス

プライベート用は、マウスも持ち歩いています。 Buffalo製の「BSMBB21SBK」です。


iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス 静音/3ボタン ブラック BSMBB21SBK
バッファロー (2016-01-28)
売り上げランキング: 6,171

実は、これ、2代目なのです。

初代(別のメーカー)は、買って、あまり使用していないのに、マウスカーソルが動かなくなり、壊れてしまいました。

今回も、壊れないことを祈りつつ、プライベート用のかばんに無造作に入れています。

#多分、これが故障の原因だと思うw


メリットは

  1. スマホ&タブレットで、マウスカーソルが出る
    手でやるより、マウスのほうが便利な時があります。
    #特に文字選択とか その時に、効果が発揮されます。
  2. 電池で動く
    (略)

デメリットは

  1. 1台しか登録できない
    まぁ〜普通は、1台で十分だよねぇ。
    まぁ〜ボタン一つで登録できるので、あまり気にしていません。

iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス 静音/3ボタン ブラック BSMBB21SBK
バッファロー (2016-01-28)
売り上げランキング: 6,171


ほかにも、ミニキーボードもありますが、またどっかに行ってしまったので、割愛させていただきます。

ということで

こんだけ、キーボードを持っても、なかなか小説の筆が進まないこうへいなのでした…orz

マジでどうしよう…orz





読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、自作仮想通貨(トークン)
KWDCOIN(カワダコイン)をお渡ししています。
詳しくは、こちら。

ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m