まぁ〜おわかりだと思いますが、自称IT企業というものがありまして、いわゆる人材派遣会社なんです。
たまに、自社開発もやっておりますとか銘打っているところもありますが、そういう会社のよくある例の一つを紹介したいと思います。





過去にも入っていけないIT企業の一例を紹介していましたが

こんなIT企業に入ってはいけない | すらっしゅほーむ レバレッジ人生
ここ数年で変わったかなぁ?と思ったのだが、あまり変わっていないのが現状らしい。

システム開発のことなら株式会社アクシア[東京]
のブログを見ていただくと、IT業界の現状は変わっていないみたいです。
この会社は、ちゃんとIT企業(システム会社)ですので、興味のあるかは、どうぞ。
#ちなみに、私は、ここで働いておりませんw

IT企業なんてやめてとけ
と過去に書いていましたが、まともなIT企業があることを最近知り、IT企業も捨てたものじゃないなぁ〜とちょっと感銘を受けております。

技術をあまりにも知らない技術部長

小さい会社だと、社長とか役員なんだけど、ある程度大きくなると、部長とかが、技術の長になります。
  • 技術部長なのに、全然、技術のことを知らない
  • 自分で、プログラムやネットワーク等をくみ上げたことがない
  • 今のトレンドを知らない
  • やっていることは、客先との調整のみ
そのような人が技術の長になってしまっている現状です。
過去にそういう人が上に立ったところを多々見かけます。
例外は、最初に入った会社で、社長が技術者であり、営業(ゴルフ)であったことです。
残念ながら、その会社は、事実上、なくなってしまいましたが。

なので

面接の時に、技術部長とか名乗る人に、いろいろ専門的な質問をしてみましょう。
そして、あれ?と思ったら、その企業に入らないほうが賢明です。

CIO(最高情報責任者)とかCTO(最高技術責任者)だったら?

まぁ〜そんな人、面接で出てこないと思いますが(そもそも、自称IT企業にはそんな人いない)、出てきても、専門的な質問をしてみましょう。
ただ、CTOだと、経営よりな技術者なので、まともな答えが返ってこないかもしれません。
CIOだったら、いろいろ情報を知っていないといけない立場なので、どんどん質問してみましょう。

というわけで

花粉症がひどくて、つらい、こうへいなのでした。

読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、1KWDCOIN=0.000001BTCで、コインを配布しております。
詳しくは、こちら。
あらかじめ、IndieSquare Walletを立ち上げてから、タップしていただくと、うまくいきます。
Donate with IndieSquare
ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m


完全残業ゼロの働き方改革
米村 歩 上原 梓
プチ・レトル (2017-10-10)
売り上げランキング: 294,354