レンタルサーバーで、メールを使用している人は、意外と知らない裏技っぽいやり方があります。






大体のレンタルサーバーはqmail

多数のレンタルサーバーのメールサーバーは、qmailを使用しています。
そして、qmailには、あるユーザーを作成すると、作成されたユーザー以外のメールがすべて受信できる設定があります。

そのユーザーを設定しておくといいメリットとデメリット

そのメールユーザーを設定しておくメリットは以下の通り
  1. エラーメールを返送しない
  2. スペルミスとかできたメールも受信できるので、相手に指摘することができる
  3. ユーザーが退職等でいなくなった場合の対応ができる
  4. はやりのフィッシングメールやマルウェアメールが発見できる
もちろん、デメリットもあります。
  1. エラーメールを返送しないので、存在するユーザーだと勘違いされてしまう
  2. それによって、スパムメールが大量に来る
  3. 大量にメールを受信する
その辺を見極めたうえで、利用するのがいいでしょう。

そのユーザー名とは

こんだけ、ヒントが書かれているので、調べれば、出てきます。
もし、それでも知りたい方は、10カワダコインでお教えします。

すらっしゅほーむ、問い合わせまで、ご連絡ください。

読んでいただき、ありがとうございます。
カンパを募っております。
お返しに、自作仮想通貨(トークン)
KWDCOIN(カワダコイン)をお渡ししています。
詳しくは、こちら。

ご支援のほどよろしくお願いいたしますm(__)m


できるPRO CentOS 7サーバー (できるPROシリーズ)
辻 秀典 渡辺 高志 できるシリーズ編集部
インプレス (2016-05-26)
売り上げランキング: 341,144