いやぁあの時は、非常に良いショーを見させていただきました。






それは、23時付近のことだった

Zaif提供のお笑いYoutubeを見ながら、ZaifのBTC/JPYの取引所を見ていたときのことだった。
かまいたちのYoutubeを見終わって、さて、BTC/JPYは、どうなっているかなと、しばらく見ていたら…
ん?取引が止まっているぞ?

Zaif内のチャットは、大混乱。
注文が通らない…取り消しができない…そんな、言葉がチャット上に表示されている…
そして、だんだん、買いが約定されて、板が下の状態に…
100万円行きましたよ…
ita


成り行きで買ったら、高値つかまされそうな状態だった。

その時のチャート

その時のチャートはこれ

同じ時期のbitFlyerは、こんな感じ


いや、それ、FISCO(Zaif)取引所だけだから

100万円までの戻りを試す場面も【フィスコ・ビットコインニュース】 | マーケット速報 | 企業情報FISCO
https://web.fisco.jp/FiscoPFApl/NewsDetailWeb?nwsId=0010770020180206019

これ、ニュースにしちゃう?
一応、FISCOって金融情報提供サービス会社だよね?
上のチャートを見てもわかるけど、100万円届いたとき、他の取引所は、70万あたりですから。

これ、FISCO(Zaif)特有の現象ですから。
しかも、値が上がっても、注文できなかったりして、阿鼻叫喚だったぞ。

FISCO仮想通貨取引所はZaifのホワイトラベル

FXやっている人や金融業界にいる人では、常識ですが、いわゆるOEMです。
なので、FISCO仮想通貨取引所は、Zaifと同じタイミングで、長期メンテも行ったし、同じシステムを使用しています。

Zaifには、もうちょっと、頑張ってもらいたい

Zaifは、唯一カウンターパーティトークン(XCP)が取引できる取引所なので、もうちょっと頑張ってもらいたいものです。

このままだと、「仮想通貨=怪しい」というレッテルが張られたままになってしまいますよ。

1KWDCOIN=約1円で、コインを配布しております。
詳しくは、こちら。
Donate with IndieSquare