GnuPG1系(以下、1系)は、もう時代遅れになりつつあるので、GnuPG(2系)を使用しようかなと思ったりして、実際導入してみました。




まず、1系をアンインストール

まぁ〜よくわからないけど、1系と2系、両方あると、いろいろ不都合があるので、とりあえず、GnuPGとGPGShellとWinPTをアンインストールしてみた。
GnuPGとGPGShellはアンインストラーがあったので、簡単でしたが、WinPTは手動なので、それごと削除!

GPG Plugin Becky!は無視

まぁ〜2系でも使えるかもしれないので、残しておくことにしました。

本家からダウンロード

本家から、Downloadを選んで、GPG4Winを選んで、適当に選んで(PayPal $0)、ダウンロード開始。

インストール先をちょっと変更

GPAのチェックが外れていたので、それも入れる。
デフォルトでは、Program Filesに入るので、GnuPGに変更。
#単に、スペースが入っているのが嫌なため
でも、「C:\GnuPG\Gpg4win」になっちゃうのね…

一応、keyringファイルは、バックアップしておきましょう(いまさら

インストール中に気がついたけど、キーリングファイル(pubring.gpg、secring.gpg)は、バックアップしておきましょう。
場所は、「(ユーザーフォルダ)\AppData\Roaming\gnupg」です。

セットアップが終わって、「Kleopatra」を起動、あれ?

「Kleopatra」は起動したんだけど、どれも信用不明になっているんですけど…
「Change Cartification Trust」で「チェックは正確だと思う」を選択したら、秘密キーを持っているものが、太字になり、さらに「これは。私の証明書です」が選択できるようになったので、それをチェックしたら、事なきを得ました。
っていうか、秘密キーを持っているアドレス全部に「これは。私の証明書です」のチェックをしないといけないのね…orz

「GPA」は、全部英語だったorz

オプションでインストールした「GPA」は、全部英語でしたorz
多分、HDDの肥やしになるでしょう。

なんか、Pathの設定がおかしい…

コマンドプロンプトから、gpgを起動しようと思ったんだけど、コマンドエラーが出て実行できなかった。
んで、Pathを調べてみたら、なんか、Path指定がおかしい。
「C:\GnuPG\Gpg4win\..\GnuPG\bin」って何?
つまり、「C:\GnuPG\GnuPG\bin」って、言う意味だよね?
一応、コマンドプロンプトを開きなおしたら、動いたので、そのままにしておきます。

Becky!のプラグインは動かなかった…

早速、Becky!で暗号化や署名をやってみたけど、「起動に失敗しました」みたいなことを言われて終了。
多分、パラメーターの渡しに問題があるんだろうと、ソースを見てみたけど、よくわからなかったorz
#単に勉強不足なだけ

というわけで

なんか、手続きがめんどくさくなったけど、とりあえず、これを使って運用したいと思います。

そろそろ

こういう、技術的なものは、Qiitaに書いたほうがいいのかな?

暗号技術入門 第3版
暗号技術入門 第3版
posted with amazlet at 18.01.11
結城 浩
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,351