さて、艦これのためのVPNの最終回、前回の導入編で作成したVPN環境を利用した、ツールの比較等を書こうと思ったんだけど、いろいろ調べてみたら、艦これでVPNで接続して、やっているというサイトがあるみたい。

やっぱり、艦これをしている人たちの中には、その筋の人もかなりいると思うから、当然といえば当然か。

ということで、リモートアプリの比較でもやろうかな…って、正直、一択しかないんだけどね。

そのアプリとは…





Splashtopというアプリです。

正直、このアプリはかなり感動しました。
その理由は以下の通り
  1. 個人利用なら無料
    商用/ビジネスでの利用者は、必ずお金を払いましょう(超重要)
  2. ユーザー登録が簡単
    メールアドレスがあればOK
  3. 動きがスムーズ
    VNCとか、TermViewerを試してみたけど、VNCは音が鳴らなくて、TermViewerは動きがかくかくで、パケット料が多い(測定ミスかも)。ただ、TermViewerは、VPNを構築しなくても、簡単にアクセスできるので、初心者にはお勧め。
  4. 音が出る
    これ重要。
    やっぱり、音が出ないとだめだよね。
    TermViewerも音が出るけど、音質はあんまりよくない(それでもいいならお手軽なんだけど)。Splashtopは、音質もよく、画質もきれいで、かなりの高得点です。

ということで、Splashtopを推します。


Splashtopの設定方法等は、いろんなサイトで紹介しているので、参考にしてください(かなりいい加減)


せっかくなので、作成したVPNで艦これ以外の使い方とかを書いてみようかな。


えっと、前回の訂正


「ソフトイーサーが動いているPCの外につながっているIPアドレスを固定」の部分の5番目の

次のIPアドレスを使うをチェックし、先ほどメモした、IPアドレスとデフォルトゲートウェイ、DNSサーバーを入力し、OKをクリックする

同じIPアドレスを入力するところがあるけど、それをやるとトラブルになるらしい(実際なった)ので、同じネットワークの使われていないIPアドレスを入力するに変更いたします。

例:デフォルトゲートウェイが192.168.0.1だったら、192.168.0.xxx(xxxに使われていないアドレス)


さて、そのネットワーク、単体で、外で出れる仕組みになっています。つまり、VPNを介して、外のネットワークに接続できるのです。

もし、直接スマホでのアクセスが規制されていたら、このネットワークを使用して、規制をすり抜けるという芸当もできるわけです。

そのほかにも使い方はあるけど、それが一番のメリットかも。

でも、スマホのUserAgentではじかれてしまうサイトなら、ブラウザの設定で、PCモードとかにすれば、見れるはずです。


ということで、艦これのためのVPNシリーズは終了です。

役に立ったかどうかわかりませんが、参考になりましたら、幸いです。

もし、わからない単語があったら、google先生とかで調べてみてください(また、無責任なことを…)。


…もっとも、私は、最近、艦これから離れていますが…orz



すっきりわかった!VPN 改訂版 (すっきりわかったBOOKS)
ネットワークマガジン編集部
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 91,538