こう見えて(どう見えて?)も、キーボードとマウスには、こだわりがあります。







まず、キーボードとマウスの共通点は、

ワイヤード(有線)であること

ワイヤレスは、電池を変えるわずらわしさがあったり、万が一の動作の時、電池切れとかになって、作動できなかったり、使う際、ちょっと反応が遅れたりして、メインでは、使いません。
使うなら、サブで使用します(今もそう)

んで、キーボード

今は、公私ともに、HappyHackingKeyboardLiteを使用しています。
もう、十数年使っているので、体が勝手に覚えてしまっています。
古いキーボードなので、多少、ガタがきて、キータッチもあまりいいものではありませんが、まだ現役。
最近PCは、PS/2端子がないので、USB-PS/2変換ケーブルを買って、使い続けています。
おすすめのUSB-PS/2の変換ケーブルは、これ



なぜ、Liteかというと…

安かったから!

だって、本物買うと、約3万円かかるんだもん。
稼ぎの少ない私には、高嶺の花です。

今は、時代も変わって、Liteの販売が終了し、Lite2になったけど…
ディップスイッチを変えても、Fnキーが左のオプションキーになってくれないと事実が発覚。
代わりに、Windowsキーが2つ設定されることに…
Windowsキーは、ひとつで十分なんですけど…

本物は、今使っている設定にできるけど、3万円するので、それを2つ買うことには、ちょっと無理があったりします…
まぁ〜Fnキーを我慢すれば、Lite2でもいいんだけどね。
…その前に、家の奥底に入っている、大きいキーボード(しかも、端子がAT)を使うかもしれないけど。

2014/3/24訂正:左にFnキーが単独でありました。

次は、マウス

マウスは、マイクロソフト製であることが大前提。
なんだかんだで、マイクロソフトのマウスが一番使いやすく、耐久性も抜群。
MSマウスも高いのは高いけど、そういうのは、ワイヤレスだったりするわけです。
あと、ホイールが滑らかでないこと。
あのカタカタ感がないと、気持ち悪い…というか、使いずらい。
なので、有線のMSマウスで、なおかつ、カタカタ感があり、安いマウスとなると…



これしかありません。
安い、シンプル、強い。
販売中止になるかもしれませんので、予備で、家に2個あります。
もちろん、公私共に使用しています。

久しぶりにしっくりくるマウスなので、発売中止にならないことを切に願うばかりです。

ということで、そういえば、過去に、同じようなことを書いたような気がするなぁと思ったけど、過去のブログにはなかったので、OKということにしておきましょう。